SCAM案件一覧

ゴッドソード投資アカンそれ!チキンレース?詐欺MAXか?P2Pの投資案件は全部詐欺?

これからの投資スタイルも変わりつつある。数多くの案件が2020年まで飛び、資金を預ける恐怖を感じる人が増加する中で個人取引というと安心感を与えるフレーズは2021年間違いなく流行るだろう。

本日紹介するのは このゴッドソードという案件。

ゴッドソード投資

 

お前らよく聞けよ P2Pと言っても立派なSCAMだ。
いつ稼げなくなるかは分からねえ。

ゴッドソードは救済案件か何だか知らんが稼げる時に稼いで撤収だ。いいか?
永遠にしゃぶり続けられるような案件なんて存在しねえ。勝ちたければ 腹八分目で引き上げる事が鉄則だ。
マリンベイも船が傾いただろうが?
エクスカシ―ファームは動物達が動き出して逃げ出しただろ。大きくぶち込んで早く利確すれば稼ぎまくれるんだぜ?損せずにやりたいなら教えてやるから俺のLINEからメッセージくれよな

ゴッドソードとは、いわゆるP2Pと言われるもので個人間で取引をするから資金が安全と謳われているものでありその内容は、架空のアイテムを個人間で売買するという内容だ。

個人売買と言いながらも、しっかりとハイプ案件と呼ばれるほどの利率があるので、かなり大きな金額が動く案件の一種。

https://docs.google.com/presentation/d/1HiwWtal8sqj005Q4kZ815JkRlVGCCn1FXb_tayUyjbQ/edit#slide=id.gac3bfa9a68_0_748

 

ゴッドソードの類似案件

 

実はこのゴッドソードのようなP2P案件は他にもある。

トレジャーボックス
エクスカシ―ファーム
マリンベイ

どれも細かい仕様は異なるが理屈は、個人売買で投資目的でアイテムを買い決められた期間のみ保有しておけば、利率がついて販売できる仕組みである。

それぞれ色々なサービスで条件が異なるが クリプト完結のスキームや直接ユーザー間で日本の銀行振り込みで対応するものがある。

エクスカシ―ファームのように銀行振り込みでやり取りするような個人情報が洩れまくるようなものは使わない方が賢明だろう。

ゴッドソードの特商法

12月6日の時点で明かされてない。

もちろん海外を拠点においており この場合どこだろうと、特商法が在ろうと無かろうと、破綻すればそれまでで、中には、ライセンス無しの証券会社を紹介するような詐欺サイトが「特商法が無いから危ない」などとよく見るが、このような案件に特商法の有り無しなど一切関係がないのだ。

もともと、日本では運営できないスタイルのビジネスであるだけに日本国外で登記しなければいけない。

とくに投資案件に近いものは、金融制裁の緩い国に本社登記するものだ。

あるいは登記したフリをする。

この際、SCAMに特商法はいらねえ。

表記が在ろうと無かろうと実践する奴の安心度は1ミリも変わる事が無い。

特商法があってもなくても、

破綻する時は、破綻する。
うまくいく時は、うまくいく。

これが基本だ。

俺はそんな事一ミリも気にしない。

だから、「特商法が無いから駄目だ」などと浅はかな情報に振り回されると痛い目見るぜ?

馬鹿の一つ覚えのように海外案件のものに「特商法が無いから信用できない」などと書いてるサイトは、「お前のサイトが信用できない」と言ってよいぐらいだ。

適当な事を並べているネガティブキャンペーンをしているサイトは、殆どが理解してない。

特商法などがあろうと無かろうとクソの役にも立たないのだ。

ゴッドソードは、幾ら稼げる?

ゴッドソード
エクスカシ―ファーム
トレジャーボックス
マリンベイ

これらは、買いと売りのバランスが保たれている間は十分に稼げる事は、違いない。

しかし運営はアイテムがを発行や分裂したアイテムの数が増えてくると今度は、どんどんアイテム数が増えてユーザー数を上回るようになる。

この時、運営が処理するか、それこそゲームのアイテムとして使わない限り抽選率が当初よりも確実に高くなる。

こうなってくると どんどんユーザーはアイテムが当選するようになってしまい、大量のアイテムを抱えてしまう事になり、今度は、「売りたくても売れない状態」に頭が悩まされるようになる。

何もしないで実践者が増えれば増えるだけ、ユーザー数にも限界が必ず存在する。

現実問題、1月の時点でマリンベイとエクスカシ―ファームが怪しい状況になった。

しばらく良くても抽選率が高くなり始めたら撤収時期と覚えておけば良いだろう。

だいたい目安は4か月だ。

出口戦略を考えてないポンジスキームは4か月~5か月でだいたいおかしくなる。

P2P案件を最初に発起した組織との繋がりがあるのだが間違いなく言える事は、やり時と辞め時が最も大事。

あとは運営の腕や戦略だ。

俺は、「損しない立ち回り方」を知ってるから エクスカシ―ファームやマリンベイでは、1円も損してない。俺のグループは全員利益がでたまま撤退だ。

このゴッドソードが この先どうなるかは、分からないが 言える事は、数か月間はどこのP2P案件は快調だから 取り組んでおいても損はないが深入りは禁物。

P2P案件で一番脂がのっているのはプレオープンやグランドオープン間近。

運営が信用できる、できないは、全く関係がない。

「最初に金を思いっきりぶちこんで根こそぎ利益を稼いでヤバくなったら全抜き」実はこれが一番効果的なだ。

ゴッドソードもUSDT取引をすれば運営にお金を全額預けず取り組める事からリスクも限定的だから割り切って早く稼いで稼いだお金で利益を膨らませる事も一つの戦略だと言える。

最初に金をぶち込んで多く売買した者勝ちだ。

そして まとまった利益になったら撤収して利益で回しておけば良い。ポンジでも関係ないのだ。信用できようが信用できまいが、ユーザー数が減れば運営が頑張っても破綻するからだ。最初が肝心。最初に飛び込んで利益を抜きまくるだけで勝ち組になれるという事は忘れるな!世の中は常に早い者勝ちなんだぜ?

 

JIN流ゴッドソードまとめ

ゴッドソードはポンジ案件かどうかは、どうでもよい。
運営が黒でも白でも関係がない。
特商法の表示など どうでもよい。
特商法の表示が在ろうと無かろうとSCAMに何も保証など存在しない。

大事な事は、俺たちが稼げるか、稼げないかだ。

参加者が多いスタート時期にフル回転させて利益を毟り取って後は運営に捧げるつもりで小銭を回して遊ぶ程度で十分だ。元金回収さえ初期の段階にして +@の利益を確保しておけば飛ぼうと消えようと 気にする必要がない。あとは利益の中でお金を増やす。その後の資金管理はどれだけ失敗しても損する事がない。ある意味 短期のみ勝利が約束されたデキレースのような案件なのだ。

お金が欲しい奴はP2P案件が始まったら一番乗りで飛び込んで 全力投資して1か月、2か月程度で元金と利益を確保して 様子を見て辞め時になったら一気に退散。

自動売買ツールなどより100%安心だ。

ただ半年以上経過しているP2P案件に新規で飛び込むより 1か月未満2か月未満程度のできたばかりのP2P案件に飛び込む事が デキレース参加の条件。

稼ぎたい奴は、これを守ればP2Pは確実に稼げる案件だ。

ゴッドソードで稼ぎたい奴は、ここから連絡をくれ。

「P2P案件のしゃぶり方を教えてやる」

「ゴッドソードでぶちぬきたい」という奴は以下より連絡くれれば 稼ぎ方教えてやるぜ?

お問い合わせ
お問い合わせはこちら このページは管理人JINへの問い合わせページ。テレグラムか、メールを利用して問い合わせる事が可能。 LIN...
最近のコメント