藤丸通信社が経験と呼ばれている理由

金崎です。

実はあんまりこの業界では耳に
入らないのですが、問い合わせがあったので
書いておきますね。

情報商材の藤丸通信社

藤丸通信社

穂積藤丸名義で情報商材を売りまくっているみたいですね。

まあ色々調べたところ
内容と値段が釣り合っていない情報商材ばかりで
ヤフオクでも出品されているようです。

競馬予想情報や
高級ブランド時計を販売したりと
怪しいイメージが持たれてます。

そこで、実際に取引をもちかけてみた
人の話によると

3、お振込口座
楽天銀行 ピアノ支店
普通口座 3437112
口座名義人 スズキタケオ

名義人がスズキという名前になってるけど、フジマルじゃなかったの?
って思いながらも続きを読んでみると、

※穂積藤丸本名の口座です。
穂積>鈴木と同系、藤丸>鈴木家家紋という意味です。

藤丸通信社で検索すると下記の文章が表示されますが、
これももちろん藤丸が書き込んだ自作自演のコメントです。
真に受けないように十分にご注意する方が良いみたいですね。

>与沢翼の「与沢塾」と穂積藤丸の「藤丸通信社」以外は信用できないものばかりです。
>与沢翼はメディアの露出も多く、アフィ系の商材としては知名度もあります。
>藤丸通信社の「千万長者」という転売系ビジネスは、ヤフオクの情報カテゴリでも有名な成長株です。
>資金が高いのは与沢塾、安いのは藤丸通信社という感じです。
>どちらも「与沢塾」、「藤丸通信社」で検索すればたどりつきます。
>それ以外はダメですね。

…呆れてものも言えませんが
こんな書き込みするのは本人の自作自演くらいでしょう。

いずれにしても、手出しは危なそうですね。

 

ちなみにメルマガ登録フォーム…

藤丸通信社

普通じゃない。

一定期間後に商品購入を検討しろとか。

絶対ギャグでしょ。普通に。

 

金崎でした。

管理人 金崎への質問や相談はこちらよりお願いしますね^^

※いつでも気軽に声を掛けてください。

金崎への質問や相談フォームへ

金崎仁からの重要なお知らせ。

2013年5月9日より このサイトの管理人を務めます金崎仁です。

新管理人のプロフィールはこちら

※前管理人では、ありませんので お間違いないようにお願いしますね(^^

もし何かしら 前管理人とのやり取りがあれば 言って貰えれば
迅速に対応ができると思います。

金崎仁の無料メールマガジンのご案内

現在、無料でPDF140ページを超える、副収入を得られる無料マニュアルも配布しています。

また、それだけでなく、

なぜ金崎が ほったらかしでも日給10万円とか稼げるようになったのか?

お金の自由、時間の自由を手に入れてストレスフリーの生活を送れるようになったのか?

これらについても公開しているので 是非読んでみてください^^
↓↓↓

無料プレゼントの受け取りは、こちら※

金崎仁の無料メールマガジン
↓↓↓

必殺メルマガ

One Response to “藤丸通信社が経験と呼ばれている理由”

  1. 悪人許すまじ より:

    フジマル経済倶楽部(フジマルホースクラブ)
    http://fkc-fhc.com/
    ちょっと前までは「藤丸通信社」だった

    現サイト内の
    運営者/穂積藤丸プロフィール
    特商法表記

    上記リンクは切ってある
    自分の素性が露見するのを恐れてか?
    しかし、別にやってる「藤丸貿易」のサイトに表記あり
    http://fujimaru-tr.com/page14
    営統括責任者名 スズキタケオ(鈴木武雄)

    穂積藤丸=鈴木武雄・元受刑者
    架空請求で逮捕歴有り

    http://news.a902.net/a1/2006/1002-22.html
    2006年10月02日(月) 23時15分
    架空請求書+私設私書箱、だまし取った金額5億円(読売新聞)

    「私設私書箱」を悪用して架空請求詐欺を繰り返していたとして、警視庁捜査2課は2日、無職鈴木武雄容疑者(38)(東京都世田谷区上北沢)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。
    鈴木容疑者は約12万通の架空請求書を全国に発送したうえ、マンションの一室に作った「私書箱センター」を現金書留の送り先に指定して約7000件、総額5億円以上をだまし取っていたとみられ、同課で追及している。
    調べによると、鈴木容疑者は今年3月、実体がない「NSJ日本消費者情報機構管理センター」名で、練馬区内の自営業女性(64)に「債権回収作業を実施する。解決するならば現金書留で7万2000円を郵送せよ」と虚偽の請求書を郵送し、同額を郵送させ、だまし取った疑い。
    鈴木容疑者は数か月おきに「私書箱センター」の場所を移し、犯行の発覚を妨げていたほか、一度現金を振り込んだ被害者にはさらに別の架空請求書を送り、その後も、「内容が不備」などと繰り返し現金を請求していた。
    同課は、架空請求書を印刷していた世田谷区内の印刷会社役員、田中康晴容疑者(37)(同区南烏山)についても、鈴木容疑者の共犯として逮捕した。田中容疑者は、約1000万円の報酬を得ていたという。

    さらに出所後、またも懲りずに名簿削除詐欺(現時点で立件されてない)
    http://hideload.blog.fc2.com/blog-entry-304.html
    会社名は、日本クライムプロテクション→ジャパンCデータプロテクターを名乗っていた

    ちなみに、本人は「消費者救済公益法人の最高顧問兼特別相談役」を騙っていたが
    メルマガ等に書いてた来歴に
    ●平成23年、消費者問題コンサルティング事務所設立
    ●平成24年、発展解消、公益法人設立。現、最高顧問兼特別相談役。

    これは
    ●平成23年、消費者問題コンサルティング事務所(日本クライムプロテクション)設立
    ●平成24年、発展解消、公益法人設立(ジャパンCデータプロテクター)設立
    が正解。(何が公益法人じゃボケ)

    詳しくは商材レビュアー・三木本氏のサイトを参照のこと
    http://www.no1-reviewer.com/review/cat63/

    フジマル経済倶楽部は詐欺倶楽部!!
    http://www.no1-reviewer.com/review/2013/07/post-786.php

    穂積藤丸=鈴木武雄は逮捕されていた!
    http://www.no1-reviewer.com/review/2013/07/post-789.php

    被害者の方々は、三木本氏に相談を!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

管理人 金崎仁


新管理人の金崎仁です。

このブログでは
これからネットビジネスで
成功したい…という人の為に
自分が過去に苦労した経験に基づいて、
喜ばれるような
役立つ情報を公開していきたいと思います。

↓↓↓
詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

このページの先頭へ